オーストラリア旅行には観光ビザ取得が必要です(ETAS)

日本のパスポートを持っている日本人が海外旅行をする場合、多くの国ではビザが免除されています。

あなたの行く国はビザが免除されていますか?あわてないように事前に情報をゲットしましょう。

pasport-1

オーストラリアはビザが必要です。とるのを忘れないようにしましょう。

うっかりビザをとらずにいると、いざ出発という時にいけなくなるのでご注意を!(オーストラリア行きの飛行機にチェックインする際、スタッフが照合しますので持っていなければその時点でチェックインできません)

観光や商業目的で3ケ月未満のオーストラリアに旅行をする場合は、電子簡易ビザ(ETAS)を事前に取得しておきましょう。ETASはイータスって読みます。

ETAS(イータス)は、Electric Travel Authority System の略です。

スポンサーリンク

電子簡易ビザ(ETAS)取得方法

  1. オーストラリア政府・移民局のサイト<からオンライン申請を行います。オーストラリア$20 クレジットカード払いです。公式なサイトなので安心です。
    オーストラリア政府・移民局
  2. ETAS登録代行業者に依頼する
    代行業者は大手から個人までいろいろあります。代行業者のサイトからオンラインでの申し込みする場合が多いです。フォームに入力するだけなので簡単ですよ。ただ、パスポートナンバーを入力するので安心できる会社に頼むべきですね。値段が安いからという理由で安易に選ばないように。自己責任です。
  3. 旅行会社に依頼する
    旅行会社でツアーに参加する方は、ETASの申請も一緒にお願いする場合が多いと思います。ただちょっとお高いですね。旅行会社によって値段が違いますがざっと3000円~4000円位はすると思います(きちんとした値段は未確認)

    ちなみに私の娘はH.I.Sのツアーでオーストラリアのケアンズへ行きましたが、ETASは自分でネットで申請していました。インターネット操作に慣れている方なら自力でインターネット申請される方が安上がりです。

■私の場合
私はJAL ABC という会社のサイトで「ETAS登録代行サービス」にネットで申し込みました。(ファックスでも申し込めます)

日本航空が株主(51%)の会社なので安心だろうと思いここに決めました。全く私の個人的意見ですが・・・。一人820円(税込)でした。

ETAS登録代行業者の JAL ABC

電子簡易ビザ(ETAS)ってどんな物?

電子簡易ビザ(ETAS)は”電子”っていう名前がついている通り、ペーパーレスです。

ペーパーレスなので手元に何もないというのは不安ですよね?でも私の場合「ETAS登録証明書」をメール又は郵便で送ってもらえました。

要は、イータスの申請が済んだよ!っていう控えです。

etas-1

通常は「ETAS登録証明書」が必要な場面というものはありませんが、いざという時の控えですので持っていくといいですね。

※このページの情報は2014年6月のものです。方法は変更される場合がありますので申し込み等をされる場合は、最新情報を必ずお確かめ下さい。

メルボルン旅行記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク