メルボルン旅行記2日目-4観光案内所(ビジターインフォメーションセンター)

メルボルンへ到着してまず最初に行っておきたいところ。それはインフォメーションセンターです。観光案内所はメルボルン市内で有名なフリンダース駅道路をはさんだ向かい側にあります。

isight-1

まずはフリンダース駅をめざしましょう。フリンダース駅の道をはさんでお向かいに観光案内所(ビジターインフォメーションセンター)があります。

スポンサーリンク

メルボルン市内で一番大きい観光案内所です

Melbourne Visitor Centre (メルボルン ビジターセンター) 「i」のマークでおなじみ!

isight-2

道をはさんで渡ったセントポール大聖堂側から撮った写真です。写っていませんがこの右手にフリンダース駅があります。

isight-3

フェデレーションスクエア

isight-4

フェデレーションスクエアという広場にあります。

1階は簡単な道案内程度の質問ができる場所ですが、詳しい情報やパンフレットや地図が欲しい方はぜひ地下へ行って下さい。

isight-5

地下は1階からは想像できないくらい広い場所でした。

isight-6

カウンターにはスタッフが約8人ほどおられて情報を提供して下さいます。

isight-7

質問する場合は順番待ちのチケットをとりましょう

カウンターで質問をしたり、各種予約サービスをうけたい場合は順番待ちのチケットをとります。

isight-8

情報を知りたい場合は上のボタンをおします。「Tourrist information」

アコモデーション(ホテルやモーテルなど)やツアーの予約をしたい場合は下のボタンを押します。「Booking services」

isight-9

ボタンを押すと番号が書かれたチケットが出てきます。日本でも銀行へ行くと番号の書いたチケットがありますよね。それと同じです。

自分の順番がきたら掲示板に番号が表示されます。(アナウンスもあります)左の「B251」が番号です。右の「11」の数字はカウンターの窓口の番号です。

isight-10

私は、ここでメルボルン市内からグレートオーシャンロード&ヤラバレーへの道順(ハイウエイ情報など含む)を教えてもらいました。次の日にレンタカーで行くことになっていましたのでハイウエイ地図のコピーをもらいました。

isight-11

地下のインフォメーションの壁際には、たくさんの情報誌や地図、バスやトラムの時刻表などがおいてありました。もちろん無料です。とても立派なものもあり、とても助かりました。

その奥にはおみやげの販売コーナーがありました。ここでしか売っていない限定品もあるようです。

夕方は6時にはしまってしまいます。行かれる場合はお気をつけ下さい。パンフレットや地図はぜひここで入手して下さい。

■メルボルン ビジターセンター
営業時間 9:00AM~6:00PM
クリスマスはお休み
(2014年11月現在情報)

メルボルン旅行記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク