英語で「ご迷惑をおかけし、申し訳ございません」何て言う?

日常英会話

「ご迷惑をおかけし、申し訳ございません」

「ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします」

仕事上でも日常生活でよく使われる「謝るときの表現」。英語では何と言うんでしょうか?

ご迷惑をかけたことを謝る→ご理解をお願いする時の英語表現

謝るとき、ご理解いただく場合の英語表現で必要となる基本英単語を見てみましょう。

  • appreciate(~を感謝する・ありがたく思う)
  • sorry (すまなく思っている)強調したいときは、「very」「terribly」「truly」を使う。
  • apologize (謝る)強調したいときは「deeply」などを使う。
  • inconvenience (不便・迷惑)
  • bother (動詞:困らせる・邪魔する)bothering(動名詞:邪魔する)

謝るときの基本表現

I’m sorry.
すいません。

We apologize for the inconvenience.
ご不便をおかけし申し訳ございません。

We apologize for any inconvenient this may cause.
これによって生じる面倒についてお詫びいたします。

※会社など企業が発言する場合は「we」を主語に使います。

感謝の言葉

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。(ご理解下さい・ご了承下さい)などのように、通常謝りの言葉のあとに、ご理解いただくにあたっての感謝の気持ちを述べる文章が続きます。

日本語でいう「よろしくお願いします」や「ご理解下さい」と言いたい場合は以下の表現を使うといいでしょう。

Thank you for your cooperation.
ご協力ありがとうございます。

Thank you for your understanding.
ご理解ありがとうございます。

We would appreciate your understanding.
ご理解に感謝いたします。

I appreciate for your help ( for your support )
ご協力に感謝いたします。
※I really appreciate it.

Your support is greatly appreciated.
ご協力いあだきたい大変ありがとうございます。

※I appreciate you とは言えません。

お時間をさいていただいた事へのお礼

Thank you for your time
お手数をおかけいたしました。

Thank you for taking your time.
お時間をとっていただきありがとうございます。

英語表現まとめ

「ご迷惑をおかけし、申し訳ございません」は英語では何と言う?

We apologize for the inconvenience.
We would appreciate your understanding.

親しい間柄では、「sorry 」も使えますが、より丁寧にいう場合は「apologize(謝る)」「appreciate(感謝する)」の英語を使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました