ウイーン(オーストリア)からの青年を奈良案内 英語ボランティアガイドレポート

ウイーン(オーストリア)から来られたナイスガイのお二人を奈良案内。

guide-20150704-1

前もっての打ち合わせはフェイスブックメッセージを使っていることが多いです。リンクや写真がはれるので便利ですね。

モバイルWiFi をレンタルされているゲストが多いのでコンタクトをとるのが便利になりました。

スポンサーリンク

ボランティアガイド前のゲストとの打ち合わせ

待合わせの時間・ルートを決める前に必ずお聞きすることがあります。

  • ウオーキング中心がOKかどうか(お子様連れや年配の方がグループにいないかどうかも聞きます)
  • ここはどうしても行きたい!という特別な場所があるかどうか
  • 何に興味があるか(神社仏閣、仏像、建築、庭園、鹿、日本茶、日本酒など)
  • 食事の好み(ランチ場所を決める参考にします)
  • 奈良で何時間過ごせるか、何時に宿泊場所へ帰りたいか(コース作成に絶対必要です)

奈良の場合ですと、ほとんどの場合、ガイドブックに載っている東大寺、春日大社、興福寺、奈良公園といった有名どころを希望されます。もちろんそれらの場所は必ずといっていいほど訪れる場所ですので全然問題ありません。

何度かガイドをしていると、行きたい場所を尋ねるより「私特製のお勧めコース」をお知らせするのがいいことに気がつきました。

そして「I will show you some places tourist from another country often miss(穴場へもお連れしますよ)」という言葉を付け加えるようにしました。皆さん、当日はとても楽しみにして下さるようになりました。

鹿との触れ合いは楽しみの一つです

guide-20150704-2

この日は雨にもかかわらず、鹿たちに鹿せんべいをあげるお二人の姿はとても楽しそうです。

奈良では無料で傘をかりることができますので必要に応じてご案内します。ただほとんどの方は、傘なしでへっちゃらです。

奈良公園に鹿がたくさんいると知っていて来られるのですが、これほどいるとは思わなかったという方が多いです。奈良公園の鹿は賢いですから、どうすれば鹿せんべいをもらえるかもしっかり学習しています。

鹿せんべいのあげ方のコツや、鹿についての知識を勉強し始めたがちょうどこの頃です。鹿せんべいのあげ方については何度も自分で買って経験を積みました(笑)

guide-20150704-3

東大寺の柱の穴くぐり

guide-20150704-4

東大寺大仏殿(大仏さまがおられるところ)には、大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴があいた柱があります。ここをくぐることができたらご利益があると言われています。

お二人は見事に成功です。やったね~!

説明の時に、鼻の穴という英単語「nostrils」がいつも上手くい言えません。コレ、課題です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク