メルボルン旅行記2日目-8 ポケットWiFiレンタルでインターネット環境を手に入れる

smartphone-1

メルボルン滞在中、便利なポケットWiFiを現地でレンタルしました。

スマホに接続しインターネットで観光情報を探したり、日本の家族とラインで連絡をとったりと大活躍してくれました。

またレンタカーを借りる際、カーナビをレンタルしなかったのでタブレットをカーナビ代わりに使用でき大助かりでした。

スポンサーリンク

メルボルンのWiFi事情

メルボルン市内のホテルはWiFiが有料のところが多くしかも料金が高いところが多いです。(20ドル~30ドル)私が宿泊したアイビスメルボルンホテルも有料で、1日20ドル近くしました。

無料のWiFiスポットもありますが、私はどこでも接続したくてポケットWiFiレンタルを決めたわけです。

※メルボルン郊外へ行くと、ホテルやモーテルなどは無料のところが多くありました。

ポケットWiFiがあるとタブレットにも接続できるので便利です。オーストラリアのカーナビは値段の割には小さく見づらいというウワサを聞いています(なので私はカーナビを借りませんでした)

tablet-1

私たちはレンタカーを借りてメルボルン郊外をドライブしましたので、タブレットでグーグルマップが使え重宝しました。

現地のポケットWiFiレンタルで不便なところ

私が借りたポケットWiFiに限ってのお話です。(他社では条件が異なることがあります)

バッテリーのもちについて

一番不便だったのがバッテリーのもちが悪いことです。フル充電で、たしか3時間ほどしか持ちませんでした。カーナビがわりに使う方は途中でこまめに切断する必要があるので不便です。

私たちは郊外からメルボルンへ戻ってくる際に道がよくわからずつなぎっぱなしにしていました。そして肝心な時にバッテリーぎれ。メルボルン市内に入って一番ややこしい時に使えませんでした。(途中、通行人に聞きながらホテルにたどりつきました。)

この旅行後は、充電用にモバイルバッテリーを持っていくことにしました。

現地支店で貸し出し&返却作業をしないといけない

現地レンタルを選ぶと自分で現地の営業所までレンタルポケットWiFiをとりにいく必要があります。(街中で借りる場合)

これは街の散歩がてらにいけばすむことなので、それはそれで楽しいです。ところが土曜日日曜日がお休みのところが多く、帰国日が日曜日の場合は金曜日に返さないといけません。でも安さには大きな魅力があるのであまり文句はいえないなというところです。

現地でポケットWiFiレンタルを借りて良かったこと

日本出発前にかりていくと出発日と帰国日も日数の計算に入りますが現地だと借り出した日が第一日目となります。

インターネット環境があると情報収集に便利

何よりインターネット環境をリーズナブルな値段で手に入れられること。

私は今回のメルボルン旅行の場合では1週間使い放題で33ドル、1日あたりにするとたったの約4ドル70セントです。(当時のレートでいうと1週間¥3420)

WiFi1台で最大5台まで同時接続可能

ほとんどの場合、1台のポケットWiFiで最大5台まで同時接続できます。私は、タブレット1台とスマホ2台の計3台を接続していました。同一行動の家族や友人で共有して使うとその分お得になりますね。

現地で借りるのって説明書は英語なの?

現地でかりると説明書が英語?という心配がないように確認しておきましょう。

私が借りたH.I.S VACATIONと 下記で紹介するベルトラさんは、ポケットWiFiのマニュアルや接続設定ガイドは日本語ですから、ご安心を!

▼ 海外旅行の現地オプショナルツアー予約専門サイトのベルトラさんで条件が私の場合とほとんど同じ条件でレンタルができます。また、現地のオプショナルツアーの種類もそろっています。
[ベルトラ] メルボルン ポケットWiFiレンタルサービス
icon

▼ H.I.S VACATION
メルボルンポケットWiFiレンタル

※条件や金額等の情報は、私のオーストラリア渡航時の情報です。リンク先より現在の条件等を必ずお確かめ下さい。

※今回のメルボルンの旅は2週間と日程が長かったので安い現地レンタルをしました。通常は、日本の出発空港で海外WiFiを借りて持っていきます。

メルボルン旅行記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク