英語で「お待たせしてすいません」何て言う?

日常英会話

誰かに待ってもらっていたときに言う、「お待たせしました」の英語表現、何て言う?

・お待たせして申し訳ありません(ていねいな言い方)

・お待たせ!(友達や家族を待たせてしまったとき)

など相手やシチュエーションにより、様々な言い方があります。

「お待たせしました」は「sorry」「apologize」や「thank you 」

基本的には「お待たせしました」を英語で言う場合、すまないと思うという気持ちは、「sorry」「apologize」を使います。

おまたせして申し訳ございません(お待たせしてすいません)
(I’m) sorry to keep you waiting.
遅れて申し訳ありません。
I apologies for the delay.

「apologize」は、少しあらたまって謝罪する場合に使います。

お待ちいただきありがとう(ございます)。
Thank you (very much) for waiting.

「待ってもらいありがとう」と待ってもらった行為に感謝する場合は、「thank you for ~ 」となります。

レストランで注文品を届けるのが遅くなった場合

お待たせして申し訳ございません。
I’m sorry to keep you waiting.お待たせして申し訳ございませんでした。
I’m sorry to have kept you waiting.

「keep  人 waiting 」で、「人を待たせる」 という意味になります。

「have kept you waiting」は現在完了で、「待たせたことが終了している」状況です。

日本では特に待たせていなくても、「お待たせいたしました。○○でございます」のように慣用的にていねいな言い回しが使われることが多いですね。

しかし、海外では常識的な時間内に注文品がテーブルに運ばれてきた場合に、「謝る」という意味合いの「お待たせしました」をほとんど聞いた事がありません。

多くの場面では「thank you for ~」という英語表現が使われます。直訳すると「待っていただきありがとう」ですね。

お待たせしました。
Thank you for the wait.
Thank you for waiting.

「Thank you for ~」は、接客の場面でよく使われる言い方ですが、ビジネスの場面でもう少していねいに言いたいときは「patience」という英単語を使います。

お待たせしました(我慢強く待っていただいてありがとう)
Thank you for your patience.
I appreciate your patience.

※「patience」忍耐・辛抱強さ・根気 といった意味です。

※「appreciate」感謝する という意味です。

メールの返信が遅くなった時の英語表現

メール返信がうっかり遅くなってしまったとき、英語でどう返信しますか?

返信が遅くなってすいません。
(I’m) sorry for my late reply.
(I’m )sorry for taking so long to reply you.

ビジネスの場面でしたら「sorry」のかわりに「apologize」を使い、「I apologize the late reply」と書いてもいいでしょう。

電車や飛行機などが遅れた場合の「お待たせしました」の英語は?

鉄道や飛行機などの交通機関が遅れ、乗客を待たせた場合は「delay(遅滞・遅伸)」を使い、「遅れて申し訳ございません」と謝罪します。

また会議などの開催が遅れる場合、ビジネスの場面できちんとあやまる場合も同じです。

遅れて申し訳ありません。
I’m sorry for the delay.
I apologize for the delay.

電話で待ってもらった時に言う「おまたせしました」の英語は?

電話を取り次いでもらったときや電話を保留にしたあと、会話中に一時離席したときなどの「お待たせしました」の場合は、「thank you」を使います。「sorry」はほとんど使いません。

電話を保留にしたあとで使われる「お待たせしました」。
Thank you for holding.

※「hold the line」は、「 電話をきらずにそのまま待つ」という意味です。

おまけ:sorry と apologize の文法おさらい

日常的に使われる「sorry」

何に対して謝っているのかは、sorry の後に「for  名詞(動名詞)」「to do」「that 節~」で表します。

お待たせして申し訳ありません。
I’m sorry for having kept you waiting.
I’m sorry to have kept you waiting.
I’m sorry that I have kept you waiting.のように様々な英語表現でいう事ができます。

きちんと謝罪をしたい時に使う「apologize」

ビジネスの場面など、きちんと謝罪をする時に使われます。

申し訳ありません。
I apologize.

誰々に~について謝ると言いたい場合は「to 人 for 事」

鉄道会社は私達に遅延をわびた。
The railway company apologized to us for the delay.

まとめ

お待たせしてすいません。英語でどう言うの?

英語は日本語のように「尊敬語」というものがありません。ただ言葉の選び方で「ていねいな英語表現」をすることができます。

ビジネスの場面なのか、家族や友達どうしで話しているのかによって英語表現を使い分けましょう。

タイトルとURLをコピーしました